車の査定では誰かが使っていた感を見せないのが大事

車の査定では誰かが使っていた感を見せないのが大事

物の買取というのは、ジャンルは色々あります。ファッションアイテムや書籍や車や貴金属など、本当に多彩ですね。
ところでその中には、車の買取に関するヒントを教えてくれているものもあります。古本です。

 

引越しなどに伴って、買取業者に古本を売却している方などは多いようですね。しかも書籍によっては、比較的高い値段も付くようです。

 

ところで古本の買取金額はどのような要素に左右されるかというと、その中の1つに「書き込み」があります。一度でも古本を購入した経験がある方でしたらお分かりだと思いますが、書籍によってはたまに鉛筆やボールペンなどで誰かの書き込みが行われているケースがありますね。あの書き込みは、古本の売却金額を下げてしまうそうなのです。

 

ではなぜ下がってしまうかというと、「誰かが使っていた感」ですね。少なくとも新品の書籍という雰囲気は感じられないと思います。その誰かが使っていた感というものは、車の買取とも大きな関係があります。

 

例えば車の中が土だらけになっている時ですね。あまり土が多いと査定士の方々としては、誰かが使っていた感を覚えるでしょう。また車の内部に煙草の臭いなどがこもっていますと、やはり新車という雰囲気は感じられません。どちらの場合も、誰かが使っていた感があると思うのです。

 

つまり車を売却する時には、古本に対する書き込みのようなものを残さないのが大事だと思います。残してしまいますと、売却額に影響を及ぼす可能性が大だからです。

 

上記の土や臭いなどは、自力で除去しやすいものだと思います。基本的には「使っていた感を除去」してから、車の査定を依頼するのが無難でしょう。その方が査定士に対する印象も良くなると思います。